2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋界に革命を起こせ!角将棋!

こんにちは、ナルヒラです!

みなさん将棋ってご存知ですか?



将棋とは日本生まれのボードゲームであり、

自陣の駒20個を駆使して相手の王将を追い詰めるという

古来より行われてきた日本の合戦を模した奥の深いゲームです。

何よりその将棋の最大の魅力は、

各々の駒が自分の使命を全うするために与えられた動きを駆使し、

敵の攻撃をかいくぐりながら、

敵の王を討ち取るという姿から感じる大和魂なのではないかと思います!


そこでナルヒラは考えました。

「一番の魅力である大和魂を削ぎ落とされても将棋は魅力を維持できるのか?」と…

そこで考えたのが今回の企画…


「角将棋!!」です。


角将棋のルールは…

①王を取ったプレイヤーの勝ち。

②王以外の駒は全て「角」とする。

③「角」は敵陣に入っても成らない。

④取った「角」は使用不可。

以上の4点です!


なぜ「角」限定にしたのかというと、

駒を限定するにあたって「歩」「王」「香車」は論外

「金」「銀」は勝負が着かず、「桂馬」はトリッキー過ぎて扱いづらい。

「飛車」は動きが単調で面白みにかけるため、

消去法で「角」しかないという考えに至ったからです。

DSCF0417[1]_convert_20120426003238


それでは早速、角将棋の開始です!












と言いたいところですが、

一人暮らしの大学生の部屋に「角」の駒が38枚もあるわけがないので

まずは「角」を38枚集める段階からスタートです!!


とりあえず実家に連絡し、尽きかけていた地元のうまいお米や食べ物を送ってもらうのと同時に

将棋の駒を送ってもらえるようにお願いしました。


そして数日後…

お米や地元の食べ物と共に

クール宅急便でキンキンに冷えた将棋の駒が送られてきました!

DSCF0416[1]_convert_20120426003321

その中に母からのこんな手紙が…

P1000546_convert_20120426012811.jpg

将棋の駒は、香車が一個行方不明です(汗)

香車は使わないので大丈夫です


これで残りの必要な「角」の数は36枚!

もう「角」を手に入れられるつては無いので、

ここからは「角」を作成することにします!

P1000505_convert_20120426191506.jpg

ホームセンターで材料を購入。

DSCF0426[1]_convert_20120426001333

木材、のこぎり、ニス、ヤスリ、筆ペン、はけを買いました。

合計で約3000円、シンプルに痛い出費です。

DSCF0428[1]_convert_20120426003137

角の型を取って、

P1000540_convert_20120426040116.jpg

切り出します!

P1000555_convert_20120426012709.jpg

ヤスリで磨いて「角」の角を取り、

DSCF0436[1]_convert_20120426001021

「角行」と文字を書き、ニスを塗ります!

ニスも筆ペンのインクも水性なのでインクがにじむ、

という凡ミスにもめげずに作業を続けた結果、

DSCF0439[1]_convert_20120426000916

大量の「角」が完成!

ここまでの作業で、実に4時間以上かかっているので

完成した時には感動すら覚えました!

DSCF0441[1]_convert_20120426000829

木材が余ったので「香車」も作っておきました。



DSCF0489_convert_20120428001334.jpg

ちなみに今回の将棋では駒の動いた軌跡を横列・縦列・駒名の順に表示します。

上の写真では「歩」がひとつ上に進行したので 7六歩 となります。

DSCF0462[1]_convert_20120427001353

盤上に駒を並べました。


角将棋開始!!

先行、今回の撮影の協力者であるカトウの一手目!!

DSCF0443[1]_convert_20120426000715

3 七 角 !

DSCF0474[1]_convert_20120427033406

早くも王手です!!



このピンチにナルヒラはどう対応するのか…ナルヒラの一手目!

DSCF0444[1]_convert_20120426000612

3 七 角 !

DSCF0475[1]_convert_20120427033451

目には目を、歯には歯を、3七角には3七角を!

このピンチを難なく乗り越えたものの、

カトウの二手目はまたもや3七角! またもや王手!!


対局前からなんとなく予想はしていましたが、

どうやら角将棋というゲームは1つ「角」が取られると

そこに向かって四方八方から敵味方の「角」が乱れ飛ぶという、

合戦よりもむしろ雪合戦に近いゲームであると言えます。


休む暇なく「王」に迫る「角」にナルヒラも冷静に3七角で対処…したかと思えば、

今度はカトウがその3七角を3七角で対処。

次も3七角か、と考えていたのですが…おや?

現在の状況はこうなっています。

DSCF0488[1]_convert_20120427140855

そう…現時点ではナルヒラの「角」の中には3七角に打てる「角」が存在しません!

カトウの打った3七角は王手であるため、

えっ!もう俺の負けなのか!?と一瞬考えましたが、

よくよく考えれば「王」を動かせばいいだけの話。

DSCF0476[1]_convert_20120427041403

ナルヒラの手は5八王です!


「角」をどう動かすかを考え過ぎて「王」の存在を忘れる…

「王」以外の駒が

すべて「角」の将棋をやっている時にありがちなことです!



この後も迫り来る「角」を「角」で打ち払い、

隙あらば「角」で相手の「王」狙う、という

「角」を「角」で洗う壮絶な戦いが繰り広げられました。

盤上の「角」もみるみる減っていき、行動可能範囲もどんどん減っていきました。

それに伴い、「本当に決着が着くのか…?」という疑問も出始めました。

戦いは進み、

とにかく敵の駒を減らそうとナルヒラの3五王で「角」をゲット!

DSCF0479_convert_20120427221510.jpg

…ん?

DSCF0481_convert_20120427222951.jpg

…あっ!

DSCF0482_convert_20120427223447.jpg


……あああああああああああああああっ!!


凡ミスにより51手目に ナルヒラ 敗北。


この後も何度か対局をしましたが、

どちらかがよっぽどのミスをしない限り決着が着かないことが分かってきました。


なので、ここでルールの追加です!

⑤ルール③を無効とし、「角」が敵陣に入ると一般のルールと同様に「龍馬」に成ることにする。

⑥100手で決着が着かなければ、残っている「角」の数が多い方を勝ちとする。

以上の2点です!!

ちなみに「龍馬」の動き方は…

DSCF0473[1]_convert_20120427141311

「角」動きに上下左右への1マスの動きを追加した動きです!

DSCF0485[1]_convert_20120427135930

急遽、「角」の裏面に大量に「龍馬」を書き込みました。幕末もなんのそのです。


ルールを変更し勝敗が着くようになりましたが、

実は俺もカトウも将棋はほぼ未経験であまり強くありません。

強くない者同士でいくら戦っても面白くないですよね…



そこで、将棋部に戦いを挑んできました!!!



部員の皆さんは部室内で将棋の検討をしていたので、

検討が終わった頃を見計らって声をかけました!


ナルヒラ「突然すみません…ちょっとお時間よろしいでしょうか?」

将棋部の主将さん「はい、何でしょうか?」

明らかに怪しんでいる様子の主将さん。

「これこれこういうサイトを運営しているナルヒラと言います。今回は将棋の企画をするので、よろしければ取材の協力していただきたいのですが…」

「いいですよ。」

快く快諾していただき、部室に入らせてもらえることになりました。

「僕と一局対戦してもらってもよろしいでしょうか?その様子をサイトで使わせていただきたいですが…」

「分かりました。一局対戦すればいいんですね?」

そして本題へ…

「ありがとうございます!今回の企画は「王」以外の駒が全て「角」の状態で将棋をする企画なので、この駒を使っての対戦をお願いします!」

計38枚の「角」をジャラジャラと出します。

「………(笑) 君、面白いこと考えるね(笑)」

ありがとうございます!



DSCF0451[1]_convert_20120427142930

棋譜(戦いの記録)をつけてもらうことをお願いしつつ、一通りのルールを説明し、

角将棋開始!!

DSCF0447[1]_convert_20120427142522

先行はナルヒラです。ナルヒラの一手目!

7 三 角! 王 手!!


本来の将棋では絶対にありえない「初手での王手」に困惑しつつも、

主将さんの一手目!!

7 三 角!

前回の対戦と同じように、

一つの「角」に他の「角」が乱れ飛ぶ光景は今回も見ることができそうです。

4 三 角! ぺちっ

4 三 角! パシィィッ!

6 三 角! ぺちっ

6 三 角! パシィィッ! 

将棋部の「角」を打つ音は美しい!

少しづつ「角」の数も減ってきました。

DSCF0450[1]_convert_20120428001857

あまりにも特殊なルールのため、

逐一ルールを確認しながら戦いを続けます!


1 八 角! ぺしっ

4 七 角! パシィィッ!

2 三 角! ぺしっ

6 九 角! パシィィッ!













「ま、参りました…」

DSCF0456[1]_convert_20120427143430

ナルヒラ、謎の突然死!!

一体何が起きたのか!?

下の写真をご覧ください。手前がナルヒラの「王」です。

DSCF0492[1]_convert_20120428011708

上の写真の状態で主将さんが6 九 角を打ちます。

DSCF0495[1]_convert_20120428012022

すると、「龍馬」に成った「角」によって王手となります。

そして、4 七 龍馬の存在が「王」の退路を見事に断ち、「詰み」となるのです!


あまりにも鮮やかに「王」を取られてしまいました。

もしかしたら、角将棋なら将棋部にも勝てるのではないか、

という淡い希望もたったの22手で打ち砕かれてしまいました。

やはり、将棋部は強かった…

DSCF0457[1]_convert_20120427144002

対局後に将棋部の皆さんにお話を聞いたところ、

5月に将棋の大会があるらしく、そのための練習の最中だったそうです。

そのような忙しい時期に「将棋を侮辱している」

と取られてもおかしくないこんな企画の手助けをしていただいて、

申し訳ないと思うのと同時にとても感謝しております。

将棋部の皆さん、本当にありがとうございました!!
















結論…「将棋は楽しい!角将棋も同じくらい楽しい!!」















そんなことを帰り道にギョーザを食べながら思うのでした。

img3434_aIMG_7303_convert_20120428024330.jpg


以上、ナルヒラでしたっ!
スポンサーサイト

トラックバック

http://mottame.blog.fc2.com/tb.php/15-74b91a5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

モッケイエンタテイメント(モッタメ)

Author:モッケイエンタテイメント(モッタメ)
日常に潜むエンタテイメントを発見しお届けする企画系ブログ。ライターは随時増員を予定しています。
平日ほぼ毎日更新中。
モッタメへのメッセージや御感想などがございましたら、
mokkei.entertainment
@gmail.comまでお寄せください。

 

最新記事

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。